こちらのサイトで紹介している「ペットのくすり」「うさパラ」は個人輸入の代理店になります。。
輸入品になりますので、円の価格によってフィラリア薬の価格も変わってきますので、同じ薬でも ショップによっても在庫時期によって値段が違ったりします。

フィラリア予防薬をできるだけ安く購入するコツ
1箱に入っているのは3個から6個になりますが、シーズンで使う場合には7個ほど使うようになります。 2箱、3箱とまとめて購入すると割引があって1箱購入より安くなります。 消費期限も提示されていますので、安心してまとめ買いもできます。
各ショップでは時折、セールを開催しています。 サイトでお知らせしている価格より安く購入できる場合もありますので ショップをのぞいてチェックしてみてください。

フィラリア症って何?

 

 

蚊が媒介になってフィラリア(犬糸状虫)が犬の体内に入り、心臓や肺動脈に寄生することで
呼吸困難や腎不全、肝不全などの病気を引き起こし、犬の寿命を縮め死亡してしまう病気です。

 

 

フィラリアというのは犬糸状虫と呼ばれている線虫類の細長い糸状寄生虫です。
成虫になると太さ1mmくらい長さが20cm〜30cmほどになります。

 

 

このフィラリアが犬の肺動脈や心臓(右心室)に寄生をしてミクロフィラリアという
幼虫を産出し続けるのです。

 

 

成虫が肺動脈や心臓に寄生することによって血管の硬化や高血圧、空咳や息切れ
そして運動障害、さらに肺水腫、腎不全、肝不全、腹水など様々な病気を引き起こします。

 

 

 

ケイバル症候群 (慢性フィラリア症)
肺動脈や心臓にたくさんのフィラリアが寄生することによって大動脈にまで入り込むと
心臓冠動脈の血流を塞いでしまい、最悪の場合は死んでしまいます。

 

 

ベナケーバシンドローム(急性フィラリア症)
フィラリアが三尖弁に絡みついて三尖弁閉鎖不全を起こしているために心不全となって虚脱状態になり
それまで症状が出ていなかったのに濃い血の色の尿がでたり呼吸困難になり突然死してしまう。

 

フィラリア症は成虫の数や年数によって軽度感染・中度感染・重度感染に分かれています。